【1月 人気優待銘柄】ダイドーGHDの優待と株価&配当情報

高配当・優待銘柄紹介
スポンサーリンク

たまに自販機でコーヒーを買う「かぶ太郎」です

1月の人気優待銘柄から、今日はダイドーグループホールディングス(4740)の株主優待と、業績や配当などの情報を見ていきます。


株主優待取得には、 継続保有半年以上という条件があるため、「今から狙える! 2022年1月の株主優待おすすめ銘柄5選」では紹介していませんでしたが、配当と優待のバランスがとれた人気の高い銘柄となっています。

今回は権利獲得出来ませんが、来年1月の権利獲得には7月末までの株式取得が必要となります。



スポンサーリンク

会社情報

ダイドーグループホールディングスは、DyDoの缶コーヒーやジュースの製造・販売を行い、販売方法は自動販売機が主体となっています。

グループには、食品事業としてゼリーで有名なたらみがあるほか、医薬品関連事業なども行っています。

株主優待の紹介

ダイドーグループホールディングスの株主優待は、飲料品やゼリーなど自社グループ製品の詰合わせがもらえます。

ただし、継続保有半年以上という縛りがあるため、7月20日時点で保有していなければ、今回の優待はもらえませんで注意が必要です。

権利確定月

権利確定月:1月20日、7月20日
権利確定日は月末ではなく、「20日」となっているので注意が必要です。

優待品

100株以上を半年以上継続保有することで、飲料品やゼリーなどの詰合わせ6,000円相当がもらえます。

優待条件
権利月保有株式数優待条件株主優待内容
1月20日100株以上保有期間半年以上 飲料品等6,000円相当
7月20日100株以上5年以上で1回限り贈呈記念品

7月20日は5年以上の保有で1回限り贈呈される記念優待です。
つまりは、毎年もらえる訳ではありませんので、注意して下さい。

株価&配当情報

株価

コロナショックで株価が一時的に3,000円を割り込んだ時を除けば、現在の株価は過去の推移から見れば決して高くないところまで下がっています。

しかし、PERからみれば割安感はなく、2022年1月期も増収予想に対し、減収見込みで、決算次第で今後のブレに注意が必要です。

配当情報
株価4,865円優待の最低必要額486,500円
年間配当60円配当利回り1.23%
優待の価値6,000円優待利回り1.23%
優待権利月1月・7月総合利回り2.46%
優待回数/年2回予想PER29.2倍
優待必要株数100株以上実績PBR0.88倍
※データは1月6日時点

※優待権利月は1月・7月の年2回としていますが、上記優待条件の通り、7月は5年以上の保有で1回限り贈呈される記念優待で実質1回のため、利回りには加味していません。

配当金ついて

【配当金実績】

2017年1月期2018年1月期2019年1月期2020年1月期2021年1月期2022年1月期予想
60円60円60円60円60円60円
30.4%39.5%25.6%55.6%29.8%36.0%

過去の実績からみると、配当金は年間60円(1月30円、7月30円)が継続されています。
配当利回りでみると、良いとは言えませんが、配当金が安定しているというのは強みでもあります。

業績情報

【決算推移】 (単位:百万円)

決算期売上高営業利益経常利益純利益EPS
2022年1月期予想164,5004,2004,3002,600166.46
2021年1月期158,2275,6025,7273,204201.31
2020年1月期168,2562,8932,8571,778108.00
2019年1月期171,5536,0715,9983,856234.15
2018年1月期172,6844,8915,3822,504151.73
2017年1月期171,4013,8573,7413,269197.34
※データは1月5日時点



一言コメント

個人的には地域ごとの方言で話してくれる「おしゃべり自販機」は、旅先などで見つけるとちょっと立ち止まって試しています。

▼「かぶ太郎」をポチッと撫でて応援して頂けると喜びます♪
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
▼ブログランキングに参加しています。皆さんの応援が更新の励みになります♪
スポンサーリンク
高配当・優待銘柄紹介
スポンサーリンク
シェアする
かぶ太郎をフォローする
かぶ太郎の株主優待ライフ
タイトルとURLをコピーしました