【IR未発表】「きのこ」で話題になった会社が本社を移転?

投資日記・雑記
スポンサーリンク

金融機関時代は融資畑をひたすら歩み、設備投資興味を持つ「かぶ太郎」(@kabutaro_yuutai)です

こんにちは「かぶ太郎」です!
本日は、IR未発表の設備投資に関する情報をブログにしていこうと思います。

何件かこういう情報を持っているので、反響があればシリーズ化も視野に入れようかとも検討中

反響を知りたいので、読んでみて他の情報も知りたいと思ったら一番下の〝いいね〟ボタンをクリックしてくださいね。

第二弾の情報も「まとめ」に記載しているので、いいねが集まったら記事化を検討します!

スポンサーリンク

注意点とブログ作成基準

≪注意≫
あくまで【IR未発表】のため、自身が個人的に得た情報で誤った情報発信をしてしまってはいけません。
自身で調べたり、現場に行ったりして、ある程度裏が取れた情報のみを発信していく予定です。
また、IR未発表と言っても情報漏洩ではありません
その気になって調べたら素人の私でも裏を取れるレベルのことです。

それを目的に調べるかどうか、何も情報がなかったら闇雲すぎて調べることが出来ない、ただそれだけのことです。

【設備投資案件でのブログ作成基準】

  • 上場会社のIR未発表情報であること
  • 確認し裏付けが出来る範囲であること
  • 大型の設備投資など、今後IR情報として発表が見込まれるもの

記事化に至った経緯 

上場会社といえども、大型の設備投資となると頻繁にあるものではありません。
全国でみれば多い設備投資でも、IR発表前に情報を得られるのはほんの一握り。

ですが、何の風波も立たない場合も多々あるなか、IR情報の発表と同時に株価がバズって跳ね上がる場合もあります。

もしかしたら株価が跳ね上がるかもしれない!
そんな夢の様な情報を事前に知っているというのは素晴らしいと思いませんか?

ということで、自身が得た情報をせっかくなら皆さんと情報を共有しようと思った次第です。

※この情報は個別銘柄や投資を斡旋するものではありません。
IR情報として世間に発表時にどの程度反響があるのか。
投資するかどうかは皆さん自身が判断してください。

<参考>過去の経験 

自身が昨年当たった例を参考として紹介します。

◆極東産機(6233)
兵庫県たつの市に本社を置く、自動化・省力化の産業機械メーカー。
畳施工・壁紙施工の省力化機器、厨房機器・各種メカトロ機器などの製造販売を行っています。

▶2021年6月22日に【工場新設に関するお知らせ】を発表
株価は一時前日比14.8%増の673円(+87円増)を付け、それ以降を機に600円台を回復していました。

当然何も波風が立たない場合もあります。
そればかりは分からない・・・これも投資の醍醐味ですね。

では、早速今回の本題に移っていきましょう。

きのこで有名になったあの会社が本店移転を計画?

今回取り上げるのは、多木化学(4025)です。

多木化学と言えば、2018年9月に「バカマツタケ」の完全人工栽培の成功を発表
事業化を進めていくと発表しましたね。


事業化に成功した訳ではないのに、これだけで株価がバズって3倍まで跳ね上がりました!

そんな多木化学が本社を移転する計画があるようです。

【多木化学の会社情報】

  • 本  社:兵庫県加古川市別府町緑町2番地
  • 資 本 金:21億47百万円
  • 事業内容:アグリ事業、化学品事業、不動産事業
  • 創  業:明治18年(1885) 3月

創業は明治18年(1885年)なんですね。
現在の本社社屋は兵庫県の景観形成重要建造物に指定され、ザ・昭和を通り越して明治・大正のレトロ感が漂いまくってますね。

出典:Wikipedia

設備投資の計画内容は?

多木化学の本社の移転を計画をみていきましょう。

内容は、現本社と同じ兵庫県加古川市内に新本社社屋を建設するというものです。
ということで、現地で確認してきました。

・新本社の場所:兵庫県加古川市別府町新野辺3044~3054(11筆)

着工は2022年11月、完成は2024年1月を予定しているみたいですね。


どうやら計画があるのは間違いなさそうです。

計画部分をアップしておきます。

バカマツタケの事業化は近い!?

上でも述べましたが、多木化学は2018年にバカマツタケの完全人工栽培を成功したと発表し、株価が3倍に上昇しました。
そしてバカマツタケの商業化を目指していましたが、今年(2022)1月には「バカマツタケ事業化についての経過報告」で、商業生産を可能とする栽培方法を概ね確立したと発表。
令和4年度内の試験販売と商業生産設備の着工を目指して取り組むとしています。

今回新本社の計画がでましたが、バカマツタケの事業化が良い状態であるということかもしれませんね。
近々良い発表があれば前回以上の株価上昇の可能性も十分あり得るかもしれないですね(織り込み済みということも考えられますが)。

まとめ

計画はあくまで計画です。変更となる場合もありますし、中止となる場合もあります。

投資内容によっては好感がもたれ株価が大きく上昇する場合があります。
またIR発表時に伸びなくても中長期の将来売上増などで企業成長が見込まれる場合があります。

しかし、設備投資は良いというばかりではなく、設備過多や借入過多を生む場合もあるので、よく見極めて投資する必要はあると思います。

【第二弾情報】
◆業績を上方修正&増配発表した企業が更に約4haの土地に工場を計画

この記事の内容が知りたい方は、下記のご協力をお願いします。
「いいね」がある程度集まったら記事を書きます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今後のシリーズ化の参考にしたいため、ご協力をお願いします。

①IR未発表の設備投資案件を今後も知りたいと思われた方は、
 下の「いいね(ハートマーク)」をクリックお願いします!

非常に申し上げにくいですが、取材には交通費等が必要となります。
円滑なブログ運営のため「かぶ太郎」マークを応援の意味を込めて
 クリックしてもらえると嬉しいです!!

▼「かぶ太郎」をポチッと撫でて応援して頂けると喜びます♪
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
▼ブログランキングに参加しています。皆さんの応援が更新の励みになります♪
スポンサーリンク
投資日記・雑記
スポンサーリンク
シェアする
かぶ太郎をフォローする
かぶ太郎の株主優待ライフ
タイトルとURLをコピーしました